So-net無料ブログ作成
検索選択

郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)

 衆院は31日深夜、本会議を開き、日本郵政グループの3社への再編などを柱とする郵政改革法案を民主、国民新党などの賛成多数で可決し、参院に送付した。与党は参院でも短時間で審議を終え、6月16日までの会期内成立を目指す構え。自民、公明、みんな、たちあがれ日本の野党4党は1日、与党の意向を受け、本会議開催を強行した横路孝弘衆院議長に対する不信任決議案を提出する。

 民主党の山岡賢次国対委員長は31日午前、自民党の川崎二郎国対委員長と会談し、郵政改革法案を31日中に衆院通過させる方針を通告。31日は衆院本会議の定例日ではなく、中国の温家宝首相との外交日程もあったが、民主党は「会期内成立を確実にするためには31日中の衆院通過が不可欠」(国対幹部)と判断し、衆院議院運営委員会で本会議開会を決めた。

 これを受け、自民、公明、共産、みんなの野党4党国対委員長が横路氏に対し、衆院本会議の延期と法案審議の総務委員会への差し戻しを求めたが、横路氏は「手続きは踏んでいる」と拒否、本会議を開いた。

 法案採決に先立ち、衆院本会議では東祥三経済産業委員長の解任決議案を与党の反対多数で否決。赤松広隆農林水産相に対する不信任決議案も否決した。

 横路氏への不信任決議案は自民党が2月に提出し、否決された。国会には同一会期に同一案件を扱わない「一事不再議」の慣例があり、野党が同決議案を再提出しても本会議に上程されない公算が大きい。

【関連記事】
郵政法案きょう衆院採決へ 野党は猛反発 不信任案など連発で徹底抗戦
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
郵政法案に「遺憾」表明 WTO違反も、米欧業界
「はやぶさ」帰還へ

政権交代当初の勢いを=首相退陣表明に橋下大阪府知事(時事通信)
民主党全役員が辞任(産経新聞)
<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
樽床氏の地元「閉塞日本…挑戦に勇気づけられた」(産経新聞)
資料に名前の男性が所在不明 横浜の弁護士殺害 逃走男と同一人物?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。